首页
淘宝网店
龙文堂
龟文堂真假鉴别  
龟文堂
龟文堂鉴赏
京铁壶目录
铁壶地方系
南部铁壶
铁壶知识
在线留言
联系我们
 573252525(可中文通话) 
 0081-80-3931-1773 (可中文通话)
 联系人:前田崇文
日本国东京都江户川区清
  新町1-5-8
 
铁壶知识
香取正彦

明治32年(1899)1月15日~昭和63年(1988)11月19日 88才没。

香取秀真と母たまの長男として東京小石川に生まれる。まもなく両親の出身地、現在の千葉県佐倉市へ移り、幼少期を佐倉で過ごす。

東京美術学校(現・東京芸術大学)鋳金科に入学し、主任教授津田信夫の指導を受ける。製作にあたっては、古典研究を基礎とした。

大正14年、東京美術学校鋳金科を卒業。同年、パリ万国装飾美術工芸博覧会(「アールデコ万博」)に「苺唐草文花器」を出品し銅牌を受賞。 帝国美術院展覧会の工芸部門においては昭和5年から3年続けて特選を受賞し帝展無鑑査となる。

終戦後は戦争中に供出された仏具や仏像などの文化財修理・保護に尽力し、 1949年、梵鐘制作を始め、比叡山延暦寺、成田山新勝寺の梵鐘を手がける。

昭和29年より日本伝統工芸展が開かれ、第3回展から審査委員を委嘱される。

昭和52年4月25日、梵鐘の分野で重要無形文化財保持者(人間国宝)に認定される。
昭和62年、日本芸術院会員に推挙された。

香取正彦 年表

明治32年(1899) 1月15日、香取秀真と母たまの長男として東京小石川に生まれる。
大正14年(1925) 東京美術学校鋳金科卒業。
昭和5年(1930) 帝国美術院展覧会において、3年続けて特選、帝展無鑑査となる。
昭和24年(1949年) 梵鐘制作を始め、比叡山延暦寺、成田山新勝寺、広島平和の鐘(1967)を手がける。
昭和28年(1953) 芸術院賞。
昭和52年(1977) 重要無形文化財保持者(人間国宝)認定。
昭和62年(1987) 日本芸術院会員。
昭和63年(1988) 11月19日、逝去。88歳

 
版权所有:日本铁壶网 最佳分辨率分辨率:1024*800 技术支持:沈阳志鼎科技
Copyright © 2010 JPTIEHU.COM Corporation, All Rights Reserved