首页
淘宝网店
龙文堂
龟文堂真假鉴别  
龟文堂
龟文堂鉴赏
京铁壶目录
铁壶地方系
南部铁壶
铁壶知识
在线留言
联系我们
 573252525(可中文通话) 
 0081-80-3931-1773 (可中文通话)
 联系人:前田崇文
日本国东京都江户川区清
  新町1-5-8
 
铁壶知识
北大路魯山人

明治16年(1883)3月23日~昭和34年(1959)12月21日 76才没。
本名は房次郎。

北大路魯山人は、上賀茂神社の社家に、父北大路清操、母とめの次男として生まれる。

6歳の時に竹屋町の木版師 福田武造の養子となる。

明治36年、書家になることを志して上京し、翌年の日本美術展覧会で一等賞を受賞し、頭角を現しはじめる。

明治41年から中国北部を旅して書や篆刻を学び、帰国後、福田大観の号で小蘭亭の天井画や襖絵、篆刻など数々の傑作を残す。

竹内栖鳳が門下の土田麦僊らに紹介したことで日本画壇の巨匠らと交流が始まる。

大正8年、大雅堂美術店、大正10年、会員制食堂「美食倶楽部」を発足し、大正14年、東京永田町に料亭「星ヶ岡茶寮」を創業する。

星ヶ岡茶寮では、顧問兼料理長をつとめ、料理の分野において大きな革新をもたらす。 「食器は料理のきもの」という信念を持ち、この頃から、自ら作陶を始める。

陶芸制作に専念した昭和11年(1936)以降は、中国の古染付、呉須赤絵、 桃山時代の志野、織部など格調高い伝統をふまえた技法を現代に再現して見せた。

その後も持ち前の才能を発揮し、制作活動を画、漆芸へと広げ、食の文化を原点に独自の芸術世界を築きあげた。

昭和30年、重要無形文化財保持者(人間国宝)に指定されるが、辞退。

魯山人は、篆刻家、画家、陶芸家、書道家、漆芸家、料理家、美食家など様々な顔を持っていた。

北大路魯山人 年表

明治16年(1883) 上賀茂神社の社家に、父北大路清操、母とめの次男として生まれる。
明治21年(1888) 父清操が逝去。福田家の養子となる。
明治36年(1903) 書家を志して上京。
明治37年(1904) 日本美術展覧会一等賞受賞。
明治38年(1905) 書家岡本可亭の内弟子となる。
明治41年(1908) 中国に渡る。篆刻を習い、古銘碑や古美術などを見て歩く。
明治43年(1910) 帰国。東京で書と篆刻の商いを始める。
長浜の素封家河路豊吉に食客として招かれ、書や篆刻の制作に打ち込む。
「福田大観」の号で小蘭亭の天井画や襖絵篆刻など数々の傑作を残す。
大正2年(1913) 竹内栖鳳の款印を彫った縁で、富田渓仙、土田麦僊らと交流。
大正4年(1915) 福田家の家督を長男に譲り、北大路姓に復帰。
食客として各地を転々とする。
大正10年(1921) 会員制食堂「美食倶楽部」を発足。
大正11年(1922) 北大路家の家督を相続。 正式に北大路魯山人を名のる。
大正14年(1925) 星岡茶寮、星岡窯を開設。
昭和30年(1955) 重要無形文化財保持者(人間国宝)辞退。
昭和34年(1959) 12月21日、逝去。76歳

 
版权所有:日本铁壶网 最佳分辨率分辨率:1024*800 技术支持:沈阳志鼎科技
Copyright © 2010 JPTIEHU.COM Corporation, All Rights Reserved