首页
淘宝网店
龙文堂
龟文堂真假鉴别  
龟文堂
龟文堂鉴赏
京铁壶目录
铁壶地方系
南部铁壶
铁壶知识
在线留言
联系我们
 573252525(可中文通话) 
 0081-80-3931-1773 (可中文通话)
 联系人:前田崇文
日本国东京都江户川区清
  新町1-5-8
 
铁壶知识
海野勝珉

弘化元年(1844)~大正4年(1915年) 72才没。
別号に、芳洲、藻脱軒。

茨城郡水戸下市肴町に生まれる。

叔父である初代海野美盛、水戸の萩谷勝平に師事。絵画、歴史、文学、書など水戸の伝統的な美意識と学問を学ぶ

明治元年に江戸へ移るが、廃刀令により、刀装具から装飾具へと転向せざるを得なかった。

数々の受賞を経て、帝室技芸員となる。この頃、念願であった加納夏雄への入門が許される。 以降は夏雄の作品の下地製作を手掛けると共にその作風を超越した立体表現へと独創を高めていった。
代表作である「蘭陵王置物」や「太平楽置物」、「還城楽額飾」などにおいて、その表現方法を完成させている。

刀装具についても、我が国の伝統が失われることを危惧した富裕層の需によって製作が続けられ、 数は少ないものの鮮烈な存在感を示す作品を遺している。

東京美術学校教授。
 

海野勝珉 年表

弘化元年(1844) 茨城郡水戸下市肴町に生まれる。
明治元年(1868) 江戸へ移る。
大正4年(1915年) 逝去。92歳。

 
版权所有:日本铁壶网 最佳分辨率分辨率:1024*800 技术支持:沈阳志鼎科技
Copyright © 2010 JPTIEHU.COM Corporation, All Rights Reserved