首页
淘宝网店
龙文堂
龟文堂真假鉴别  
龟文堂
龟文堂鉴赏
京铁壶目录
铁壶地方系
南部铁壶
铁壶知识
在线留言
联系我们
 573252525(可中文通话) 
 0081-80-3931-1773 (可中文通话)
 联系人:前田崇文
日本国东京都江户川区清
  新町1-5-8
 
铁壶知识
秦蔵六

文久年間(1861~64)、初代蔵六氏が鉄瓶製作で有名な龍文堂の門下で鋳金の技術を学んだ後、独立。
当代は六代。

古代中国の青銅器の意匠を写した溌蝋鋳造法による青銅器が特徴。
ところどころに金箔を張った作品が多く見られる。

秦蔵六 歴代

初代 秦蔵六
~明治23年
(~1890)
山城生まれ。初名は米蔵。
京都へ出て龍文堂に鋳法を学び、のち中国の周漢の古銅器を研究。
孝明天皇の銅印・徳川慶喜の征夷大将軍の黄金印を鋳作し、
また宮内省の命により御璽・国璽を鋳作した。86才没。
二代 秦蔵六
生没年不詳

 
三代 秦蔵六
明治15年~昭和9年
(1882~1934)
二世蔵六の三男。二世蔵六に師事。
昭和9年(1934)、52歳没。
四代 秦蔵六
明治31年~昭和59年
(1898~1984)
二世蔵六に師事。
技術保存資格者。京都金属工芸協会長をつとめる。
昭和59年(1984)12月1日、87歳没。
五代 秦蔵六
生没年不詳

 
六代 秦蔵六
昭和27~
(1952~)
五代の子。五代蔵六に師事。
本名は恒造。

 
版权所有:日本铁壶网 最佳分辨率分辨率:1024*800 技术支持:沈阳志鼎科技
Copyright © 2010 JPTIEHU.COM Corporation, All Rights Reserved