首页
淘宝网店
龙文堂
龟文堂真假鉴别  
龟文堂
龟文堂鉴赏
京铁壶目录
铁壶地方系
南部铁壶
铁壶知识
在线留言
联系我们
 573252525(可中文通话) 
 0081-80-3931-1773 (可中文通话)
 联系人:前田崇文
日本国东京都江户川区清
  新町1-5-8
 
铁壶知识
明珍

明珍家の始まりは12世紀の半ば。約870年前。
ここから数えて今の姫路明珍家の当首は52代目となる。
徳川幕府は264年間で15代、1代当たり17.6年となる。明珍家は同様に計算すると16.7年/代となる。明治以前においては、徳川家と同じように当主が交代していったものと考えられる。詳細は系図を調べる必要があるのだが。)
この間、連綿と生業(なりわい)が続いている。
楠木正成や戦国大名の甲冑も明珍作が多い。

明治に入り、姫路明珍家は火箸の制作に活路を求める。

40年ほど前には、家庭から火鉢が消えた(火箸の危機)。
52代当主の明珍宗理(みょうちんむねみち)は1965年に火箸風鈴を考案する。(冬に用いる火箸を夏の風鈴に用いるのは、当首が明珍の名の由来その強みを知っていたためであろう。火箸を4本、真中に軽い振子をつるし、わずかな風でも振り子が触れ涼やかな音色を生み出す)。

次代には新製品が求められる。
玉鋼(たまはがね)から火箸風鈴を制作
チタン材を利用したお鈴(おりん)、おわん形打楽器の制作など、
ハングリー精神が旺盛である。

長男の宗久氏、三男の敬三氏は父と働き、
売上は4500万円/年/3人

二男の裕介氏は刀鍛冶として活躍。

長男が名前に「宗」の字を受け継ぐ。



明珍(みょうちん)
具足鍛冶師。初代 増田宗介紀ノ太郎が、近衛天皇(114154)に鎧(よろい)、轡(くつわ)を献上したところ、触れあう音が「音響朗々、光明白にして玉の如く、類稀なる珍器なりとて明珍の二字を賜ひ」という伝があり、代々「明珍」と称した。元は京都で馬の轡を作る轡師で、室町時代くらいから刀の鐔を作るようになったという。安土桃山時代に宗広が具足のほか火箸鐶などの茶道具を手がけた。江戸時代に、明珍宗信が江戸に居を構え、元禄宝永ごろ中興の祖 明珍宗介が、系図や家伝書を整備するなどして家元制度を整え、古甲冑を自家先祖製作とする極書を発行し権威付けを始め、弟子の養成に努め、明珍の名乗りと名にの字の使用を許すなどしながら勢力の拡大を図り、甲冑と言えば「明珍」といわれるようになり、明珍派は上州仙台越前土佐など各地にあり俗に脇明珍とよばれる。現在姫路明珍と呼ばれる家系は、前橋から移封され姫路城主となった酒井雅楽守忠清にお抱え甲冑師として仕え、茶道具も製作する。49 明珍宗之のとき明治維新で禄を離れ、千利休の火箸を作ったという伝にならい、それまで余技だった火箸づくりに転じた。当代 明珍宗理は、平成4年に第52代明珍を襲名

 
版权所有:日本铁壶网 最佳分辨率分辨率:1024*800 技术支持:沈阳志鼎科技
Copyright © 2010 JPTIEHU.COM Corporation, All Rights Reserved